スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

奈良)高校野球 8月6日

2020年8月7日03時00分

 奈良県高校夏季野球大会は6日、橿原市の佐藤薬品スタジアムで奈良大付―天理の決勝戦があった。天理は序盤に長打攻勢で試合の流れをつかみ、優勝を決めた。奈良大付も12安打を放ち、食い下がった。試合後に表彰式が開かれ、選手たちに盾や記念品などが贈られた。

     ◇

 同点に追いつかれて迎えた二回裏、天理の7番田中輝希君(3年)が先頭打者だ。「塁に出て、下林(源太君、3年)に回したかった」。2ストライクに追い込まれてから、変化球を中前にはじき返して出塁した。主将で1番の下林君は期待に応え、中越えの2点本塁打。この回で勝ち越しに成功した。

 コロナ禍で春の選抜大会中止が決まった日の夜、下林君が寮の階段で一人泣き崩れていた。田中君は「普段自分たちには見せない姿を見て、『自分ががんばらないと』と思った」。下林君の肩をたたき、「夏1本でがんばろう」と励ました。「下林を日本一のキャプテンにしたい」と思った。

 夏の甲子園も中止に。田中君は「めざすものがないのに、何で練習行くんだろ」とやる気が出なかった。今度は下林君が「ここでやめても何も残らん。自分たちだけの天理じゃない」と声をかけてくれた。

 九回2死一、三塁で、三塁手の下林君は内野ゴロをさばいて二塁に送球。二塁手の田中君が受け、ゲームセット。「最後に一緒にアウトがとれるなんて。優勝できたのは下林のおかげです」(平田瑛美)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ