スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

北海道)高校野球 8月6日

2020年8月7日03時00分

 夏季北海道高校野球大会は6日、南・北北海道大会の計6試合が行われ、北大会では選抜代表校の白樺学園と帯広農が共に競り負け姿を消した。南大会では国際情報、札幌大谷、札幌第一が勝ち、4強が出そろった。7日は北大会で1回戦2試合と準々決勝1試合を予定している。

     ◇

 春の選抜大会の代わりに行われる甲子園交流試合に出場する帯広農が、北北海道大会の初戦で旭川龍谷に惜敗した。エースで主軸の井村塁主将(3年)は悔しさをにじませながらも、次の甲子園での試合を見据えた。

 交流試合が決まり、井村主将は夏季大会でも「甲子園出場にふさわしい試合をする」と意気込んでいた。だが、7月の練習試合で右脇腹に軽い肉離れを起こし、十勝地区大会では1試合も投げられなかった。けがは回復したが、慎重を期してこの日も右翼手での出場となった。

 守備では初回から、右翼線への大飛球をフェンスに直撃しながら捕球。打席では四回に適時三塁打を放つなど存在感を見せた。

 五回、突然降り出した強い雨の影響もあり、先発の水上流暢選手(同)が5失点。七回から後を継いで、久々の公式戦のマウンドに上がった。2回無失点の好投を見せたが「球が高くて、変化球でカウントも稼げなかった」と課題も残った。

 敗れたが、今年の夏はまだ次がある。井村主将は「ありがたいことにまだ改善できるチャンスがある。しっかりと甲子園で結果を残してくるのが使命だと思っている」と語った。甲子園での試合は今月16日。今日の敗戦を糧に、夢の舞台で進化した姿を全国に見せる。(前田健汰)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ