スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

常に冷静な球児「最後に仲間と…」 声上げて感情出す 

2020年8月5日15時43分

 (4日、島根独自大会 益田東10―5立正大淞南)

 八回裏、立正大淞南の谷川唯人(3年)はマウンド上で思わず天を仰いだ。右手中指の爪が割れ、持ち味の速球が投げられない。連打を浴びるなどし、点差を広げられた。

 この日は1番捕手で先発出場。五回から救援し、3イニングをゼロに抑えていたが、八回につかまった。2死まではこぎつけたが、先発だった三宅海夢(かいむ)(3年)にマウンドを託し、再びキャッチャーミットをはめた。だが、三宅も適時打を浴びた。谷川はこの回計4失点。チームは決定的ともいえる5点差をつけられた。

 軽快なフットワークに加え、遠投120メートルの強肩が武器の谷川はチームの大黒柱だ。プロにも注目される。入学後、捕手のほかに投手、遊撃手、外野手を経験したが「やっぱり自分は捕手」と最後の夏は背番号2をつけた。

 得点シーンも、ピンチをしのいでも、大げさに喜ぶことはない。「自分は扇の要。常に冷静でなくてはいけませんから」と、感情を抑え、チームを俯瞰(ふかん)するよう心がけてきた。

 九回、先頭打者として打席に入ったが右飛に倒れた。この回無得点で、試合は終わった。

 誰よりも声を上げて泣いた。仲間に支えられるように応援席に向かったが、あいさつを終えた後は、しばらくその場を動けなかった。「最後に仲間と優勝したかった」。将来のプロ入りが目標。悔しさは、そのときに晴らすつもりだ。(河野光汰)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ