スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

和歌山)高校野球 8月3日

2020年8月4日03時00分

 「2020 夏 高校野球和歌山大会」(県高野連主催、日本高野連、朝日新聞社後援)は3日、準々決勝3試合があった。選手権和歌山大会とは別大会ではあるが、箕島は4年ぶり、智弁和歌山は4年連続、日高は16年ぶりの夏4強入りをそれぞれ決めた。4日は休養日で、準決勝は5日の予定。日高と智弁和歌山、初芝橋本と箕島が戦う。

     ◇

 日高中津の左東勇輝君(3年)は準々決勝のこの日、ユニホームではなく学校指定のポロシャツを着てベンチ入りした。左東君の「定位置」は学生コーチ。試合中は記録員として、スコアをつけながら、声で選手たちを鼓舞した。

 コーチになったのは2年生の春。腰のけがで選手としてプレーするのが困難になり、悩んだ末、「コーチとしてベンチ入りする道もあるのでは」と思い立った。一つ上に学生コーチがいたこともあり、山本誠司監督に相談、快諾された。

 以来、ノッカーや打撃投手を務めたり、相手投手の動画を撮影して分析したりするなど、コーチの仕事に打ち込んだ。親に頼み込み、自分専用のノックバットも購入したという。広岡啓太主将(3年)は「選手じゃなくなってもそこで終わらず、しっかりみんなをサポートしてくれた」。

 左東君は、1回戦の1試合だけ、背番号20でユニホームに袖を通した。独自大会では、試合ごとに登録選手の変更が可能だ。山本監督は「最後の大会なので、これまでの頑張りに応えたかった」。左東君は「率直にうれしかった」。ユニホーム姿で、試合前練習で外野でノッカーを務めた。

 この日は、1点を争う接戦となったが、「本校」の日高に敗れた。「今年は練習中もずっと盛り上がっている良いチーム。勝ちたかった」。試合後、左東君は悔しさをにじませた。

 「試合で自分の分析が生きたとき、うれしかった。野球からは離れるが、何かを教える立場の人間になりたい」と左東君。山本監督は「コーチの経験を生かし、今以上に周りを見て動ける人間になってほしい」とエールを送った。(滝沢貴大)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ