スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

栃木)高校野球 8月3日

2020年8月4日03時00分

 県高校野球連盟主催の「2020年栃木県高校野球交流試合」は最終日の3日、県営、清原の2球場で3回戦4試合があった。夏の栃木大会で9連覇中の作新学院のほか、宇都宮商、国学院栃木、足利大付が8強を決めて閉幕した。交流試合は規定で7回制。

     ◇

 作新学院の横山陽樹選手(3年)は芯が狭く打球が飛びにくい木製バットで、2本の二塁打を含む3安打の活躍で最終戦を締めた。

 2年連続で夏の甲子園の打席に立った。昨年は高校日本代表にも選ばれ、18歳以下のワールドカップで本塁打を放った。プロで「打てる捕手」をめざすため、昨秋から木製バットで練習してきた。甲子園につながる大会なら金属を使おうと思っていたが、木製で練習の成果を試した。

 2本目の安打。追い込まれた後、ファウルで粘りスライダーを右方向にはじき返した。手応えを感じた。「甲子園以上の価値あるものに」という監督の言葉を胸に刻んだ。3年全員がベンチ入りし大会に臨んだ。横山選手は「次のステップに生かせるような中身のある大会になった」。(中村尚徳)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ