スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

兵庫)高校野球 8月3日

2020年8月4日03時00分

 夏季兵庫県高校野球大会(県高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)9日目の3日、7球場で3回戦14試合があった。1点差が6試合あり、長田、市尼崎、神戸第一などが接戦を制した。

     ◇

 昨年、夏と秋の大会でそれぞれ4強に入った育英と長田の好カード。球場は一球一球にかたずをのむような緊迫感に包まれていた。育英の西川凱斗主将(3年)は、「今回は絶対に(エースの)石沢を助ける」と決意していた。

 昨年の秋季県高校野球大会。育英は3回戦で、強豪の報徳学園と対戦。エースの石沢拓大君(3年)の頑張りに打線が応えられず、0―1で敗れた。

 「もっと打力を上げないと」。試合帰りのバスの中で話し合った。

 その後、選手全員が走り込みや四股踏みで下半身を徹底強化。バットを振るときは、下半身の動きを意識した。打撃練習ではボールを飛ばしにくい木製バットを使った。

 この日は3点を先制されたが五回裏に1点を返し、七回裏には那須俊祐君(3年)の右越えの大きな当たりが適時三塁打になり、1点差に詰め寄った。

 そして八回裏、1死走者なしの場面で西川君は打席に立った。外野に抜けそうな強い打球を放ったが二塁手が好捕。それでも一塁に頭から滑り込み、肩を痛めながら内野安打をもぎとった。ただ、後が続かず、また1点に泣いた。「最後のヒットとヘッドスライディングに、2年半の思いを全て込めました」と西川君。その思いは投手の石沢君にも伝わっていた。「あの姿を見たから自分も踏ん張れました。本当にありがとう」と、試合後に笑みがこぼれた。(森下友貴)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ