スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

栃木)高校野球 8月2日

2020年8月3日03時00分

 県高校野球連盟主催の「2020年栃木県高校野球交流試合」は2日、清原球場で3回戦3試合があった。昨秋の県大会準優勝の文星芸大付のほか、白鷗大足利と佐野日大が8強を決めた。4試合予定している3日が最終日になる。交流試合は規定で7回制。

     ◇

 「応援、ありがとうございました」。勝利した白鷗大足利の選手たちが保護者席にあいさつした。高瀬翔太主将(3年)は周りより少し長く頭を下げた。

 「激動の世代」と藤田慎二監督。1年夏は作新学院に決勝で惜敗。昨夏は一回戦でまさかの完封負け。ショックは大きく、新チーム始動直後の1週間は練習できなかった。台風19号では渡良瀬川の越水でグラウンドが壊滅。各地を転々として練習を続けた。グラウンドが復旧したと思ったらコロナ禍が到来した。

 高瀬主将を支え続けたのは上級生から引き継いだノートだった。「プラスに考えよう」「いつでも前向きに」。先輩からの力強いエールが詰まっていた。ノートを開いては折れそうな気持ちを奮い立たせた。

 1点にこだわった。この日も堅守で無失点に抑え込んだ。六回には痛烈な打球に高瀬主将が飛びつき併殺に仕留めた。「最後の試合を0で終われたのが何よりうれしい」と高瀬主将。「支え続けてくれた人たちの思いがつまった『0』です。これからも恥ずかしくないプレーをしていきたい」(平賀拓史)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ