スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

石川)高校野球 8月2日

2020年8月3日03時00分

 石川県高校野球大会(県高野連主催、朝日新聞社など後援)は2日、準々決勝2試合があった。この日は北陸地方の梅雨明けが発表され、夏の雰囲気をもり立てる青空が広がった。投手戦に競り勝った金沢商と、4点差を逆転した津幡の公立勢が4強に進出。それぞれ8日の準決勝で、すでに4強入りした日本航空石川、星稜と対戦する。

     ◇

 遊学館のエース高田竜星(3年)は四回から登板した。簡単に2死を取ったが4番打者への初球の甘く入ったカーブは、左翼スタンドに吸い込まれていった。

 やはり課題は解決できていなかった――。

 一週間前の2回戦、寺井戦。初回に押し出し四球を出すなど、立ち上がりに制球が乱れて失点した。その後の打線の援護で勝ち上がったが、苦しい投球だった。「腕と足の動きが合わない。どうしたらフォームがいつも通りになるのか」。修正を重ねたが、違和感をぬぐえぬままこの日を迎えた。今大会初めて、先発を外れた。

 「1点もやれない」。五回以降は立ち直り、八回まで被安打1の粘投。だが金沢商のマウンドは、2試合前に無安打無得点試合を達成した米沢拓海(同)。味方打線は攻略できずにいた。

 そして迎えた九回。高田の投球は再び乱れた。先頭打者に四球を出すと、一塁への牽制(けんせい)球が外れて進塁を許した。直後に適時二塁打で痛い1点を失った。

 遊学館は昨夏の石川大会準々決勝で、その後の甲子園で準優勝の星稜と対戦。途中登板した高田は、6回と3分の1を投げ、被安打1と力強い投球を見せた。一躍、県内屈指の投手として注目を集めた。

 今後目指す先は、プロ野球選手。結果を出せなかった最後の夏は、ほろ苦い経験になった。「できないことがあったら、できるまでやれ」。試合後、監督の山本雅弘(69)は高田らをあえて叱咤(しった)激励した。

 今後も練習を続ける高田。山本の言葉がひときわ胸に刺さった。=敬称略(三井新)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ