スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

岐阜)高校野球 8月1日

2020年8月2日03時00分

 県高校野球連盟が独自に開く「2020夏季県高校野球大会」は1日、土岐市総合公園野球場で準決勝の2試合があり、大垣日大と中京が決勝進出を決めた。選手権大会を含め、夏の決勝で両校が対戦するのは2年連続4回目となる。夏の大会として、大垣日大は2年ぶり6回目、中京は2年連続8回目の優勝を狙う。決勝は2日、長良川球場である。

     ◇

 公式戦初出場のチャンスは突然やってきた。1点リードの四回裏。大垣日大の森大也君(2年)は1死一塁の場面で左翼の守備についた。送りバントで2死二塁。肩に自信を持つ森君は「絶対に1点もやらない」と構えていた。

 次打者の打球が三遊間を抜けた。捕球した森君は本塁へ矢のような送球で走者をタッチアウトにした。

 攻撃では七回に初めての打席が巡ってきた。7球目。長打力が持ち味という森君は外角高めの直球を振り抜くと、打球は左翼ポール際へ。「初打席初本塁打」に小さくガッツポーズをして喜びを表した。

 この一打で大垣日大の打線に火が付き、3連打でさらに2点を追加し、試合の流れを引き寄せた。

 八回2死二塁の好機での2回目の打席。「コンパクトに打ち返すことだけを心がけた」。カウント2―2からの5球目を中前にはじき返す。適時打で貴重な追加点をもたらした。

 独自大会の今回は25人がベンチ入りできる。背番号25の森君は「普通ならベンチに入れなかったと思う。自分でも驚きです。運がありますね」とはにかんだ。まさにラッキーボーイ的存在の活躍がチームを5年連続の決勝へと導いた。(松永佳伸)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報