スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

福井)高校野球 8月1日

2020年8月2日03時00分

 福井県高校野球大会(県高校野球連盟主催、日本高校野球連盟、朝日新聞社など後援)は1日、県営球場で準決勝があり、福井工大福井が福井商に競り勝ち、敦賀気比が武生商・武生商工商に大勝した。決勝は福井工大福井―敦賀気比の組み合わせで、3日に県営で行われる予定。

     ◇

 球数は120球を超えていた。

 同点の九回、福井商の奥村開投手(3年)がマウンドに上がる。1死後、強打の相手打線を2失点でしのいでいた粘りの投球が、影を潜めた。次打者から犠打を挟んで4連打。「ここで持ちこたえないと」。そんな思いに反し、投じた球が真ん中付近へと吸い込まれていく。重い3失点を喫した。

 1年秋にエースナンバーを背負ったが、冬に腰を故障。治ったものの、2年秋の県大会中に再発し、投げられなかった準々決勝でチームは敗退。最後の夏にかける思いは強かった。甲子園の中止決定を受けても、「独自大会で福井の1番をとる」と自分を鼓舞した。

 初戦の2回戦、準々決勝で計296球を投じていたが、「自分が最後まで投げます」。準決勝前、エースとしての責任を胸に川村忠義監督にそう伝えていた。

 迎えたこの日。「最後まで笑顔で」。仲間の言葉に励まされ、9回を投げ抜いた。ただ、「目標は優勝」の誓いは果たせなかった。

 大会中は「仲間と野球が出来る幸せ」をずっと感じていた。「全力を出し切れた。この夏の経験は今後の人生に生きると思う」

 3試合で計439球。完全燃焼だった。(大西明梨)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報