スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

福岡)高校野球 8月1日

2020年8月2日03時00分

 県高校野球連盟主催の独自大会は1日、3地区(福岡、北九州市内、福岡中央)で準決勝の6試合があった。熱戦が繰り広げられ、4試合は1点差の好ゲームだった。決勝カードは、福岡地区が福岡大大濠―福岡、北九州市内が九州国際大付―真颯館、福岡中央地区が飯塚―福岡魁誠に決まった。

     ◇

 「すまん」。六回、九産大九州の先発、川井瑠輝也君(3年)はマウンド上で顔をしかめた。エース野田壮吾君(3年)は、ボールをしっかりと受け取った。「あとは任せろ」

 速球を武器に球威で押す川井君と、横手から緩急を使う野田君。タイプの違うライバル同士、高めあってきた。

 昨夏の福岡大会では、覇者となる筑陽学園を相手に野田君が好投。九回一死まで追い詰めたが直後に崩れ、4点を失い逆転サヨナラ負け。「また新チームで頑張ろう」。落ち込む野田君を川井君が慰めた。昨秋は下半身を鍛えるため、2人で毎日10キロ走り込んだ。先を走る川井君に負けじと野田君も後を追った。

 この日先発したのは川井君。内角の直球を軸に五回まで1安打に抑えた。だが、六回に高めの球を捉えられ、痛恨の2点目を許し降板。継いだ野田君はスクイズで加点を許したものの、その後は九回まで無安打に抑えた。

 「苦しい場面でマウンドを譲ってしまった」。試合後、川井君は号泣した。でも、野田君は「瑠輝也がいたからここまでこられた」と、感謝の言葉を返した。(川辺真改)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報