スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

群馬)高校野球 8月1日

2020年8月2日03時00分

 夏の甲子園中止に伴う群馬独自の「県高校野球大会」は7日目の1日、桐生球場など2球場で2回戦4試合があった。梅雨明けとなったこの日、1点差の好ゲームが相次いだ。シードの館林は桐生南に惜敗。渋川青翠は延長十回サヨナラ勝ちし、市太田は終盤に逆転して高崎商を退けた。2日は残りの2回戦4試合が無観客で行われ、16強が出そろう。

     ◇

 目の前で市太田の選手が次々に本塁を踏むのを、ただ見ているしかなかった。高崎商の渡辺克紘捕手(2年)は試合終了後のベンチでひざをついて泣き崩れた。その肩を、1年間バッテリーを組んだエース原田翔太(3年)が強く抱いた。「来年はお前がチームを引っ張ってくれ」。そう託されたが、渡辺は負けを受け入れられなかった。

 原田の立ち上がりは好調だった。持ち味の力強い直球が生きた。「渡辺に捕ってもらえると、一番調子が出る」と原田。だが、七回に2点を失った原田がマウンドを降りて以降、歯車が狂い始めた。

 市太田打線が勢いづいた八回、4人の継投でも止められず、6失点。九回にも追加点を許した。「つかまったことに焦って、周りを見て配球できなくなっていた」と渡辺は悔やんだ。

 練習試合も含め、これほど多くの投手のリードを任された記憶はほとんどない。「野手が守ってくれるから大丈夫。強気で攻めよう」。それぞれの長所を引き出そうと何度もマウンドへ足を運び、声をかけた。

 一昨年夏は4強入り、昨夏は2回戦で準優勝の前橋商に競り負けた。「今年こそは」がみんなの口癖だった。「ただただ悔しい。でも、この1年間こんなにも大きく成長させてもらえた。来年こそは優勝で先輩たちに恩返ししたい」。おえつを漏らしながら、渡辺は雪辱を誓った。(松田果穂)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報