スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

栃木)高校野球 8月1日

2020年8月2日03時00分

 県高校野球連盟主催の「2020年栃木県高校野球交流試合」は1日、県営と清原の2球場で3回戦1試合と2回戦5試合があった。昨秋の県大会で優勝した青藍泰斗が栃木工を零封して8強を最初に決めた。交流試合は規定で7回制。

 交流試合は8強まで決めるため、3回戦が最終戦となる。清原では3回戦の青藍泰斗―栃木工があった。青藍泰斗は初回に石川選手の犠飛で先制。三回に石川選手の適時打で加点した。六回にも無死一、二塁から佐々木選手が左前適時打を放つなど着実に得点を重ねた。栃木工は6安打を放ったが、好機を生かし切れなかった。

 県営では、小山西が三回、舘野、高木両選手の適時打で2得点。今市は四回1死二、三塁の好機を生かせなかった。黒羽は菊池昂太選手が3安打を放つなど打線がつながり黒磯南を振り切った。足利大付は宇都宮短大付に完封勝ち。宇都宮短大付は七回1死一、二塁の好機をつくったが、及ばなかった。

 清原では、作新学院が初回、金野選手の中前適時打で先制。真岡工を3安打に抑えてコールド勝ちした。足利は同点の三回、宇佐見選手の中前打を足がかりに3点をあげて勝ち越し、宇都宮工を下した。

     ◇

 「自分のスイングはできた。力は出せたと思う」。8強を決めた青藍泰斗の石川慧亮(けいすけ)選手(3年)は交流試合を振り返った。

 昨秋の県大会で優勝。夏の栃木大会で9連覇中の作新学院を倒すことが悲願だったが、コロナ禍でその目標はかなわなかった。3歳上の兄は2017年のドラフト2位で中日に入団した石川翔投手。青藍OBの兄も作新に敗れた。

 休校中、体幹トレーニングに励んだ結果、スイングの際に体の軸がぶれなくなり、飛距離も伸びた。兄の翔さんから「慌てずにやれば結果が付いてくる」と助言された。

 1年秋から主軸を守ってきた石川選手。高校通算本塁打は22本。目標はプロ選手だ。「夢を実現できるように練習を続ける。兄に野球では負けられない」(中野渉)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報