スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

新潟)高校野球 8月1日

2020年8月2日03時00分

 県高野連主催の県高校夏季野球大会は1日、4回戦8試合があり、8強が出そろった。昨秋の県大会優勝の北越が、昨夏新潟大会準優勝の東京学館新潟との延長タイブレーク戦を制した。昨秋3位の加茂暁星は接戦で中越に敗れた。準々決勝4試合は2日、2球場で原則無観客である。

     ◇

 5点を追う八回裏、この回先頭の新潟・米田隼輔(3年)は「ひざより上の球」に意識を集中していた。

 相手は昨夏の新潟大会を制した日本文理。投手の高岡蓮(3年)が投じた内角高めの直球を迷わず振り抜いた。打球は三遊間を抜け左前安打。「公式戦初のクリーンヒット」はチーム2本目の安打になった。

 新潟が昨冬から導入した取り組みが実を結んだ瞬間だった。マネジャー含む全部員57人を役割の異なる七つの部署に所属させ、分業してチームの総合力を高めるという試みだ。

 米田が属する「企画開発部」は、日々の練習メニューを考案。他に、相手校の特徴をデータや映像をもとに分析する「インテリジェンス部」、選手の体調や特性をもとに効率的な筋力アップを図る「肉体改造部」などがある。

 140キロ超の速球投手を複数擁する日本文理との対戦を前に、ベンチ入りする全投手の過去の動画をLINEなどで共有し、球種や投球のクセを分析。その結果をもとにピッチングマシンの速度の設定などを変え、各選手が具体的な対戦を想定してきた。

 こうした取り組みを進めてきたのが、主将の田中雅大(3年)と米田だった。米田の体重は53キロと登録選手で最軽量だが力負けしなかった。「初めて対戦した相手だが、狙いは絞れていたし、速球に体がついていった」。後続は倒れたが、一番打者、田中が左翼2点本塁打を放ち、終盤の粘りを見せた。反撃は及ばなかったがチームの集大成となった。「こんなに楽しい試合は経験したことがない。悔いなく終われます」と晴れやかに球場を後にした。(谷瞳兒)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報