スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

京都)高校野球 8月1日

2020年8月2日03時00分

 夏季高校野球ブロック大会は1日、あやべ球場(京都府綾部市)でC、D、E各ブロックの決勝3試合があった。京都文教は福知山に終盤で逆転。洛東は同志社に2点差で競り勝った。昨年の秋季大会で優勝した京都翔英は3本塁打など長打が光り、優勝を決めた。

     ◇

 狙っていたのは、変化球だった。

 五回裏1死二、三塁。京都文教の代打、小川浩輝(こうき)君(3年)が左打席に立つ。林守監督(60)から「お前の3年間の力を見せてこい」と送り出された。

 この回、3点を追う京都文教は、先頭打者の芝田廉(れん)君(3年)を皮切りに4安打と四球で連続出塁。相手投手の暴投もあり、同点に追いついていた。相手投手が外角の変化球を中心に投球を組み立てることは、チーム内で研究済み。想定した打撃練習の結果が出始めていたのだ。

 チャンスをもらって意気込む小川君。初球の直球は見送り、ボール球にも手を出さない。4球目、外角のカーブがきた。「きた!」とフルスイング。打球は狙った通りに三遊間を抜け、三塁走者が生還した。5―4と勝ち越し。「やってやったぞ」と心の中でつぶやき、一塁上で小さくガッツポーズをした。

 実は最近まで変化球が苦手で、昨年の秋季大会でもほとんど打てなかった。「最後の夏こそは」と弱点克服を決意、コロナ禍で休校中には自宅で素振りを繰り返した。ボールを引きつけて打てるよう、後ろ脚に重心をかけて「タメ」を作る。このフォーム修正で変化球に自信をつけていた。

 「後輩にとって、僕たちの成績を越えることが目標の一つになればいいな」

 苦手を乗り越えた適時打が、2016年夏以来の、府内ベスト8に導いた。(白見はる菜)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報