スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大阪)高校野球 8月1日

2020年8月2日03時00分

 令和2年大阪府高校野球大会(府高野連主催、日本高野連、朝日新聞社など後援)は1日、1~3回戦6試合があった。昨秋3位の初芝立命館が逆転勝ちで3回戦へ。吹田は大差で初戦を突破した。2日は2、3回戦17試合がある。

 (朝日新聞社と朝日放送テレビの総合情報サイト「バーチャル高校野球」〈https://vk.sportsbull.jp/koshien/別ウインドウで開きます〉では、2日から大阪シティ信用金庫スタジアムの中継映像を配信します)

     ◇

 三回裏、三島の4番打者、福島裕也君(3年)はいつものように打席の前で立ち止まると、腰を90度に折り曲げた。

 野球の神様は見ている――。礼儀の大切さを説いた中学時代の指導者の教えからずっと続けてきたルーティンだ。

 4点を追う展開で、1死一塁。「振り切る」を意識し、外角への3球目をとらえた打球は左中間へ。

 1点をかえす適時二塁打と思ったところで、福島君に「神様」がほほえんだ。相手の送球の隙を突いて三塁へ走る。守備が乱れる間に一気に本塁まで駆け抜けた。

 この日は先発し、五回までで12失点と苦しんだ。「打たれた分を少しは返せたかな」

 三島で捕手としてプレーした三つ上の兄、琢也さん(21)の後を追うように、自らも捕手を志望して入部した。

 ただ、チーム事情で1年秋から三塁手になり、昨秋発足の新チームでは強肩を買われて投手に転向し、エースナンバーを背負った。主将にも選ばれた。

 今夏の初戦となった2回戦の咲くやこの花との対決は、打線が23安打の猛攻で5回コールド勝ち。福島君も無失点に抑え、高校生活で初めての公式戦勝利を果たした。

 3回戦は2年前の選手権北大阪大会で準優勝した大阪学院大と。福島君は「あれだけの勢いが出せれば戦える」。緊張しつつも楽しみにしていた。

 一回裏に福島君の適時打で先制したが、コロナ禍での練習不足のためか、体力の消耗も早かった。「暑さで三回にはバテていた」。甘く入ったボールが次々ととらえられ、六回から坂本貴紀君(3年)にマウンドを譲った。

 試合後、福島君は「もっとしっかり抑えていれば、逆転できるチャンスもあった」と悔し涙を見せた。ただ、「内野手や投手も経験し、自分の視野が広がった」。高校野球の経験を生かし、大学では捕手としてプレーしたいという。

 取材が終わると、福島君はいま一度、深々と頭を下げて球場を去った。(浅沼愛)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報