スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

山口)高校野球 8月1日

2020年8月2日03時00分

 やまぐち高校生2020メモリアルカップ夏季高校野球大会(県高野連主催)は1日、萩スタジアムで準決勝2試合があった。高川学園は豊浦にサヨナラ勝ちし、昨秋の県大会決勝で敗れた雪辱を果たした。ノーシードの桜ケ丘は第1シードの宇部工に完封勝利した。決勝は2日午前11時、萩スタジアムである。

     ◇

 《とにかく、つなぐ》

 豊浦はチームカラーを貫き通した。打線を引っ張ったのは、主将で3番の岡本龍汰君(3年)。3安打1打点の活躍に加え、声でチームを鼓舞し続けた。

 2点差とされた直後の八回、先頭の麻野由伍君(3年)に続き、岡本君が初球を中前にはじき返した。直後、打席に入ろうとする藤本進之介君(3年)に一塁上から声を張り上げた。

 「お前が決めるんじゃないぞ」

 《つなげ》という思いを込めた。結果、犠打と犠飛で得点に結びつけた。

 昨夏の新チーム結成後に就任した佐々木浩一郎監督のもと、いまの攻撃スタイルを築き上げた。安打が出れば、「次、盗塁いくぞ」とベンチから声を出し、相手にプレッシャーをかける。「個人より、チームでのつながりを意識してきた」と岡本君。昨秋の県大会では高川学園を破り、23年ぶりに優勝した。

 この日、チームが連続安打を放った四、六、八、九回はすべて得点した。九回2死、同点とした後の打席でも、岡本君はつなぐ意識で鋭いライナーを放った。《はじいてくれ》と念じたが、打球は遊撃手のグラブに吸い込まれた。今大会3試合で1失点の高川学園をあと一歩まで追い詰めた。

 「自慢の粘り強さを見せられたので悔いはない。後輩にはつなぐ意識を受け継いでほしい」。1997年に出場した選抜大会以来の甲子園に、後輩たちが出場できることを信じている。(高橋豪)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報