スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

長崎)高校野球 8月1日

2020年8月2日03時00分

 長崎県高校野球大会は1日、県営野球場で準決勝2試合があった。大崎が接戦を制し、昨秋の県大会に続く決勝進出。鹿町工は終盤の逆転で決勝へ駒を進めた。2日、同球場で午後1時半から決勝戦があり、長崎の夏の覇者が決まる。

     ◇

 「出塁して、試合の流れを引き寄せる」。長崎南山・辻智樹選手(3年)が常に考えていたのは、1番打者の役割を果たすことだ。

 初回、相手エースの甘い直球をしぶとく引っ張り、内野安打で出塁。犠打などで三塁まで進み、4番打者が打席に。「俺が本塁にかえる」と構えたが、遊ゴロで同点機はついえた。

 相手の大崎は因縁の相手だ。昨秋、県大会準々決勝で対戦。6番打者だった辻選手は1打席目でヘッドスライディングをして左手中指を骨折。万全ではない状態で、残りの打席も抑えられ、2点差で敗れた。

 その悔しさから「打倒大崎」をチームで掲げ、練習に励んできた。辻選手も同じ志を胸に冬、素振りを1日1千回振るなど、打撃練習に力を入れた。

 迎えた夏の準決勝、辻選手は初回の内野安打を皮切りに全4打席すべて安打を放って気を吐いた。だが、後続が倒れて一度も生還できず。チームの残塁数は9と、1点が遠かった。

 高校入学時、3年の夏まででユニホームを脱ぐと決意していた。「リベンジはならなかったけど、完全燃焼しました」。チームも打撃も引っ張り、最後の夏を終えた。(米田悠一郎)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報