スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

和歌山)高校野球 8月1日

2020年8月2日03時00分

 「2020 夏 高校野球和歌山大会」(県高野連主催、日本高野連、朝日新聞社後援)は1日、3回戦2試合があった。智弁和歌山は市和歌山を逆転満塁弾で下し、昨春の選抜大会8強同士の注目カードを制した。和歌山高専は新翔にサヨナラ勝ち。選手権和歌山大会とは別大会ではあるが、智弁和歌山は7年連続、和歌山高専は4年ぶりの8強入りを決めた。

     ◇

 六回、好投していた2番手小園健太君(2年)に代わり、市和歌山のエース・岩本真之介君(3年)が1点リードでマウンドに向かった。中盤から救援することは、試合前に決まっていた。半田真一監督は「岩本はここまでチームを支えてきた。彼で負けても悔いはないと思っていた」。

 7月28日の初戦は七回から登板して3回を9人で抑える完璧な投球だったが、この日は直球の制球に苦しんだ。調整不足や暑さもあったが、「相手が智弁なので意気込みすぎていた」。

 先頭打者を飛球で打ち取ったが、その後安打と2四死球で満塁。迎えた9番打者には併殺狙いで変化球で入ったが、3球連続で見送られ、直球に切り替える。フルカウントで6球目。高めに浮いた直球を左翼スタンドに運ばれ、逆転の満塁本塁打となった。

 岩本君にとって智弁和歌山は特別な相手だ。市和歌山に進学したのは智弁を倒したかったから。「智弁ばかりが甲子園に行くのが面白くなかったんで」。しかし、岩本君が入学後、市和歌山は2018年春から4連敗。最後に戦った19年春は、救援した岩本君が粘りきれずサヨナラ負けを喫した。最後の夏にきたリベンジの機会。「一度も勝てなかった智弁を、絶対抑えたい」。強く意気込んで試合に臨んだ。

 4点を失った後、七回、八回は得点圏に走者を背負いながらも何とかしのいだが、九回に1点を失った。九回裏、市和歌山は連打で1点を返したが反撃はここまで。岩本君も1死一、二塁で飛球に倒れた。

 しかし試合後、岩本君の目に涙はなかった。「完全に実力不足だった」。さらに力をつけ、プロで智弁の選手たちにリベンジすべく、照準を切り替えた。「体をもっと大きくして、直球の威力を上げ、大学で活躍してプロ入りしたい」(滝沢貴大)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報