スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

香川)高校野球 8月1日

2020年8月2日03時00分

 香川県高校野球大会は1日、高松市のレクザムスタジアムと丸亀市のレクザムBP丸亀の2球場で2、3回戦、計6試合があった。真夏の日差しが照りつける中、各校は熱戦を繰り広げた。3回戦2試合ではいずれもシード校の尽誠学園と大手前高松が勝ち、準々決勝に駒を進めた。(平岡春人、二見咲穂、長妻昭明、木下広大)

     ◇

 両チーム無得点で迎えた三回裏1死一、二塁。津田の2番打者、川田俊汰(3年)が打席に立った。

 バントのサイン。外角高めの初球にバットをあわせるが、ファウル。「次こそ決める」と思って監督の方を見ると、思いっきり振れのサインに変わった。

 バットを長く持ち、ファウルで粘って6球目。内角低めの変化球に当たった瞬間、ヒットを確信した。先制の適時二塁打。仲間に向けてガッツポーズをした。

 昨秋から守備力を見込まれ、内野手に定着したが、試合ではよくバントのサインを出された。

 打撃力がついたのは昨冬からマネジャーがつくってくれた丼飯のおかげだ。練習の合間に牛丼、親子丼などをほお張った。体重は約4キロ増え、筋力もつき、長打も打てるようになった。

 公式戦での長打はこの試合が初めて。「負けたが、高校3年間で一番のバッティングができた。マネジャーに感謝したい」。試合後、泣いていたマネジャーのところに駆け寄り、感謝の気持ちを伝えた。

     ◇

 身長162センチの体を、目いっぱい伸ばしたり、かがめたりして何度もボールをとめた。高松一の捕手、福井大輝(2年)が終始、チームを支え続けた。

 捕手に転じたのは昨年11月。先輩の正捕手が受験勉強に専念するため退部し、肩の強さを買われた。

 初めてマスクをかぶった練習試合で相手選手の声が耳に入った。「そんな小さくて大丈夫かよ」。悔しくてリードの仕方などを必死に学んだ。昼休みに食堂で、自宅からはLINE(ライン)で辞めた先輩に質問した。

 この日は前半は直球主体、後半は変化球中心の配球で相手に的を絞らせず、何度もピンチをしのいだ。

 胸に刻んでいる、先輩の言葉がある。「捕手はチームの心の支えにならなあかん。ピンチでもとにかく笑っていればええ」。1点を追う九回裏、最後の打者が三振に倒れるまでベンチから笑顔で鼓舞し続けた。

 投手の村上冬真(かずま)(3年)は「あいつがいれば、次の代は大丈夫」と話す。先輩たちの期待を背負い、来夏に向けた鍛錬が始まる。

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報