スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

熊本)高校野球 8月1日

2020年8月2日03時00分

 2020夏季熊本県高等学校野球大会は1日、リブワーク藤崎台球場で、熊本市内大会と城南地区大会の準決勝各1試合があり、文徳と秀岳館が各大会の決勝に勝ち進んだ。熊本北―熊本工の試合は、熊本北の不戦勝となった。校内で新型コロナウイルスの濃厚接触者が確認されたことを理由に、熊本工から出場辞退の申し出が県高野連にあった。

     ◇

 開新のエース下堂翔史(しょうし)(3年)は立ち上がりから制球に苦しんでいた。

 1回戦から全28イニングを1人で投げ、計30奪三振。中でも準々決勝はコースを突く直球とスライダーがさえ、必由館打線をわずか3安打に抑えた。

 ところがこの日はわずかに外れてボールになってしまう。初回は連続安打と四死球で押し出しの1失点。守備の乱れなどから更に2点を奪われた。「ゼロ(点)で抑えなければ」。力みが焦りにつながった。六回にも連続安打で6点目を失い、今大会初めてマウンドを上野汰我(たいが)(2年)に譲った。目を合わせ、「任せた」と短く声をかけた。

 上野はこの回、内外にコースを突く直球で走者二、三塁の窮地をしのぐと、九回までを1失点に抑えた。力投する後輩が頼もしく見えた。試合後、上野に声をかけた。「次はチームを引っ張って頑張ってくれ」。上野は真剣な表情でうなずき返した。(井岡諒)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報