スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

徳島)高校野球 8月1日

2020年8月2日03時00分

 徳島県高校優勝野球大会は1日、鳴門市のオロナミンC球場で準々決勝2試合があった。鳴門は鳴門渦潮から奪った1点を守り切り、徳島商は城南に逆転サヨナラで勝利し、4強に進んだ。2日も同球場で阿南光―富岡西と小松島西―生光学園の準々決勝がある。

     ◇

 1球が明暗を分けた。

 両チーム0点で迎えた四回表。鳴門渦潮のエース鈴木連君(3年)は鳴門の中軸と2度目の対戦を迎えた。4番の中飛はあわや本塁打の当たり。2死から、次打者を四球で出した。6番打者に投じた2球目。高めに浮いた直球が左越えの適時打に。両チーム合わせて唯一の得点となった。

 2学年上の兄を追って鳴門渦潮に進み、寮に入って野球漬けの日々を送った。昨夏コールド負けを喫した鳴門を「永遠のライバル」と呼んで練習してきた。

 今大会は徳山一翔君(3年)や仁木登真君(3年)との継投で1、2回戦を計1失点で勝ち上がった。鳴門戦も七回途中で徳山君に継投。一塁に入り、ピンチの際にはマウンドに駆け寄って、「自分のフォームで投げろ」と声をかけた。

 九回表、森恭仁監督に「最後はエースに任せる」と送り出された。マウンド後方にしゃがみ「気持ちで負けるな」と奮い立たせ、三者凡退で締めた。

 九回裏は先頭打者。相手エースの141キロの直球を中前に打ち返し、同点の走者として塁に立った。だが、最後の打者打球は遊撃手の正面に。本塁にかえれないまま、試合を終えた。

 「最後にチームが一つになれたことは幸せだった。来年は絶対に鳴門を倒して甲子園に行って欲しい」。後輩たちに宿願を託した。(雨宮徹)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報