スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

東京)高校野球 7月30日

2020年7月31日03時00分

 2020年夏季東西東京都高校野球大会(都高校野球連盟主催、日本高野連、朝日新聞社後援)は30日、9球場で東西の計22試合(不戦勝1試合を含む)があった。

 東大会では、昨夏の選手権東東京大会準優勝の小山台が城北に逆転負け。昭和第一の出場辞退により、東亜学園は不戦勝となった。開成はコールド勝ちで初戦を突破した。西大会では、第1シードの国士舘と第2シードの創価がそろってコールド勝ちした。

 31日は8球場で東西の計23試合が行われる。

     ◇

 延長十回裏。同点とされ、なお2死一、二塁の場面だった。「しまった」。高めに浮いた球を左翼に運ばれた。安田学園のエース角田匠(3年)は「捕ってくれ」と祈ったが、野手の頭を越えていった。サヨナラ負けで、夏が終わった。

 昨夏もベンチ入りした角田は、背番号11ながら全4試合の先発を任された。5回戦の小山台戦だった。散発5安打に抑え、3―0で迎えた九回、突然制球が乱れ、4長短打を浴びた。まさかの逆転負けだった。ロッカールームで「試合を壊してしまった。先輩に申し訳ない」と自分を責めた。

 その日から野球に全てを注ぎ、森泉弘監督が絶対の信頼を寄せるエースに成長した。精密な制球と緩急を駆使して打たせて取る投球は、甲子園常連校も警戒していた。迎えた最後の夏。1回戦は無四球完封と完璧だった。しかし――。

 この日、立ち上がりから球が上ずった。角田は「自分の準備不足」としか語らなかったが、前日まで期末試験だった。さらに天候不順で試合日程が崩れ、未明の起床が続いた選手たちの疲労はピークだった。

 サヨナラに沸く相手ベンチを見つめ、足元をならすと、「あいさつをしたかった。最後かもしれないので」。帽子を脱ぎ、マウンドに頭を下げた。

 「結局、成長していなかった」と涙を流し続けた。だがこの試合を最後に勇退する森泉監督は言った。「ナイスピッチング。最後の夏を、指導者冥利(みょうり)に尽きる投手と戦えました」=江戸川区(抜井規泰)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報