スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

福岡)高校野球 7月30日

2020年7月31日03時00分

 県高校野球連盟主催の独自大会は30日、北九州市内で準々決勝の残り3試合があり、4強が出そろった。福岡地区では3試合が行われ、8強が決まった。降雨で試合の順延が続いた福岡工大城東―福岡第一は、4度目の試合を福岡工大城東が制した。

     ◇

 「気持ちを切り替えて、0―0から城東を倒しに行こう」。試合前、福岡第一の主将・樗木(ちしゃき)翔馬君(3年)はチームを鼓舞した。

 雨による順延や再試合で福岡工大城東との試合はこれが4試合目。これまでの3試合は、いずれも福岡第一が流れを引き寄せた状態で中断。「あのままいけば勝っていたのに」と悔しがる雰囲気を変えようと、樗木君は声を張り上げた。

 初回、4試合目で初めて先制点を許した。三塁からエース石橋辰宣君(3年)に声をかけ続けた。「落ち着いて、大丈夫だから」

 その後、追加点を許し、打線も沈黙。重い空気が流れていた七回、先頭打者として打席に立った。高く弾んだ打球は遊撃手の前へ。「流れを変えたい」。頭から一塁に飛び込んだが届かなかった。

 主将の魂のこもったプレーにベンチは盛り上がった。だが、その後も抑えられ、敗れた。

 昨秋の県大会を制したが、選抜大会には届かなかった。プレーでチームを引っ張れず悩んだこともあった。それでも「みんなの支えがあってここまでやれた」。こらえていた涙があふれた。(川辺真改)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報