スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

奈良)高校野球 7月30日

2020年7月31日03時00分

 奈良県高校夏季野球大会は30日、橿原市の佐藤薬品スタジアムで準々決勝2試合があった。奈良大付と智弁学園が4強入りを決めた。奈良大付は切れ目のない打線で11得点を挙げ、添上に5回コールドで勝利した。智弁学園は圧倒的な打力で8長打を含む計12安打を放ち、桜井に5回コールドを決めた。31日は準々決勝2試合がある。

     ◇

 投手が相手打線につかまり、毎回失点が続く苦しい展開で、捕手で主将の鈴木祥平君(3年)は何度も立ち上がって、「(アウトを)一つ取ろう」と野手に声をかけ続けた。

 試合終了後、突然泣き崩れた同学年のチームメートの背中に手を添えた。「まだ3年生の仕事はある。後輩や応援してくれた人に感謝しよう」

 7月初旬、鈴木君は青木和也監督に打ち明けた。

 「気持ちが落ち着かない。どうしたらいいですか」

 コロナ禍で春の県予選、夏の奈良大会がなくなってから、急きょ決まった高校最後の独自大会。「周りの応援に応えないといけない」。休校中からプレッシャーにつぶされそうだった。青木監督は「背伸びせずに、みんなに話したら」とアドバイスした。

 野球部の3年生は8人。練習が終わると、いつもみんなで駅まで帰った。話を聞いてくれた3年生たちは「その気持ち分かるわ」。自分だけじゃないと思えると、楽になった。

 自分が乗る電車が来るまで一緒に話をしてくれたこと、悩んでいるとコンビニに寄り道しようと誘ってくれたこと。「いつもこうやって支えてもらってたんだ。全部僕のためだった」。会えない時期を経て、気づいた。

 ベスト8までの3試合は「みんなのおかげでのびのびプレーできた」。結果に悔いは残っても、これまでの感謝で胸がいっぱいになった。「支える立場だったのに、支えてもらっての主将だった」(平田瑛美)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報