スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

徳島)高校野球 7月30日

2020年7月31日03時00分

 徳島県高校優勝野球大会は30日、鳴門市のオロナミンC球場で2回戦1試合があり、生光学園が池田に粘り勝ちして8強入りを果たした。8月1、2日に同球場で準々決勝があり、鳴門―鳴門渦潮、徳島商―城南、阿南光―富岡西、小松島西―生光学園が戦う。

     ◇

 右打席で左足を伸ばし、ぐっと身をかがめる。池田の1番打者・桝田洸主将(3年)のルーティンだ。「甘いところに来たら振っていく」

 1年生の夏、9番打者で先発入り。昨年は6番。今夏は打撃センスの良さから1番を任され、主将として、打者としてチームを引っ張る覚悟を決めた。初戦は7打点をたたき出した。

 三回、五回の打席は四球。「打たないと流れを引き寄せられない」と思った。六回に左翼線に安打を放ち、敵失を絡めて本塁を踏んだ。

 八回裏、1死二、三塁で打席が回ったが、3球目が死球に。これが最後の打席になった。

 3時間超の熱戦を終えると、日は沈んでいた。後輩たちが見守る三塁側スタンドに力の限り声を張り上げた。「この悔しい思いを、1、2年生はバネにして頑張ってくれると思う」(雨宮徹)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報