スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

宮崎)高校野球大会 7月30日

2020年7月31日03時00分

 宮崎県高校野球大会2020(県高校野球連盟主催、県教育委員会共催、朝日新聞社など後援)は30日、ひなたサンマリンスタジアム宮崎で準決勝2試合があった。私立高校同士の戦いは序盤に大量点を奪った宮崎学園が日向学院に勝利。宮崎日大は延岡工の強力打線を封じて快勝し、それぞれ決勝に進んだ。決勝戦は8月1日。

     ◇

 日向学院の左腕エース小倉遼馬投手(3年)は、準々決勝までの3試合を1人で投げ抜いてきた。中2日で迎えた準決勝。疲労がたまった左腕にテーピングを施してマウンドに登った。

 0―0の三回。先頭打者のバントの処理を誤り、一塁に悪送球。無死三塁のピンチを迎え、流れが変わった。普段なら球速120キロ以上の直球が100キロも出ない。疲労で走らない直球のかわりに、決め球のつもりで投げたスライダーを3人にたて続けに安打された。1点を奪われ、なお無死満塁。四球を与えて2点目を失ったところで、降板を告げられた。

 昨夏の宮崎大会3回戦。小林を相手に九回2死まで「ノーヒットノーラン」。しかし、達成寸前に四球と内野安打などで崩れ、逆転負けした。「途中までどんなに良い投球をしても一球で負けてしまう悔しさを味わった」。この悔しさから、投げ込み過ぎて右腰を疲労骨折。4カ月ほど投球できない時期を乗り越えて迎えた大会だった。

 序盤に大量リードを許したが、ベンチも負ける雰囲気はなく最後は3点差まで追い上げた。「昨夏のメンバー6人を含むチームで頑張ってきた。コロナで一時練習もできなかったが、最後まであきらめない野球を仲間たちとすることができた」。好きな野球を高校卒業後も続けるつもりだ。(菊地洋行)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ