スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

和歌山)高校野球 7月30日

2020年7月31日03時00分

 「2020 夏 高校野球和歌山大会」(県高野連主催、日本高野連、朝日新聞社後援)は30日、2回戦2試合と3回戦1試合があった。日高中津は昨秋の近畿大会出場の和歌山南陵を打ち崩した。和歌山商は紀央館にコールド勝ち。初芝橋本は今大会初のタイブレークで海南にサヨナラ勝利を収め、8強一番乗りを果たした。

     ◇

 五回を終えて0―14。例年ならば五回表の0―11でコールド負けだが、「3年生に少しでも長く試合を」と定められた今大会の特別ルールで、六回表、紀央館の攻撃が回ってきた。

 敵失と2四球で1死満塁。4番打者の山田尋誠君(3年)が打席に向かった。「チームに諦めた雰囲気はなかった。とにかく外野に持って行って勢いづけようと思った」。1―2で迎えた4球目。左翼への飛球が犠飛となり、スコアボードに「1」が表示された。

 背番号8の山田君はこの日、先発で登板した。チームは、背番号1の井戸柊太君(3年)と山田君のダブルエース。昨秋の新人戦は2人の継投で智弁和歌山打線を2点に抑えて勝利した。23日の今大会初戦は井戸君が先発し、8回2失点と好投した。

 この試合、山田君は「この夏初めてのマウンドで、力みがあった」。初回、制球が定まらず、3連続四球。暴投と内野ゴロの間に3点が入り、5番打者に四球を出して降板。2番手、3番手も流れを変えられず、この回計11失点。

 降板後は中堅にまわったが、「打撃でなんとかしようと気持ちを切り替えた」。救援の井戸君は二回、三回、四回と無失点に抑えチームに勢いも出たが、五回、3点を失った。

 六回、山田君の犠飛の後が続かず、七回も無得点。「夏も智弁とやって、また勝とう」と臨んだ大会だったが、かなわなかった。グラウンドを後にする前、山田君と井戸君はベンチの前でキャッチボールをした。「悔い残る試合だったなあ」「仕方がないよ」。ボールを投げながら、そう言葉を交わした。

 2人とも大学で野球を続ける予定だ。「この悔しさを、大学で晴らしたい」。試合後、同じ決意を口にしていた。(滝沢貴大)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ