スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

和歌山)高校野球 7月28日

2020年7月29日03時00分

 「2020 夏 高校野球和歌山大会」(県高野連主催、日本高野連、朝日新聞社後援)は28日、2回戦3試合があった。第1試合では昨夏の選手権和歌山大会優勝の智弁和歌山が、第2試合では昨春の選抜大会出場の市和歌山がそれぞれ初戦を突破。第3試合では新翔が3点差を逆転した。

     ◇

 南部の主将、叢(くさむら)哲成君(3年)は初戦の朝、一つ上の先輩たちから激励の電話を受けた。「なんとかリベンジしてくれ」。智弁和歌山は昨夏の準決勝、0―9でコールド負けした相手だ。叢君は昨夏、ベンチで先輩たちの戦いを見ていた。

 一回表、1死走者なしで、叢君の第1打席。「四死球でもいいから、出塁しよう」と意気込んだ。ファウルで粘り、5球目。チェンジアップを中前に運んだ。「狙いは直球だったが、何とかバットに当てることができた。夏の大会初ヒットで、うれしかった」

 主将の安打がチームの雰囲気を変えた。植野優翔君(2年)は「1本出て、みんなの気持ちが楽になった」。五回には植野君が左前安打で出塁。その後、1死一、三塁とし、併殺崩れの間に植野君が昨夏遠かった本塁を踏んだ。

 6月下旬、対戦相手が智弁和歌山と決まると、チームの士気は高まり、ノックを受けるときの声も大きくなった。監督として南部を4度甲子園に導き、今年2月に亡くなった井戸大志さんの遺族から4月に贈られたピッチングマシンを使い、智弁和歌山を意識して、速球を打ち込む練習に取り組んだ。

 今年も智弁和歌山の壁は高かった。だが、昨夏遠かった1点をもぎ取り、九回まで戦い抜けた。植野君と谷口和寛君(2年)が安打を放ち、堺建人君(2年)が粘り強い投球で完投するなど、来年に向けて、収穫もあった。叢君は「2年生たちが粘り強く戦ってくれた。来年は、今年よりも良い結果を期待したい」と話した。(滝沢貴大)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報