スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大阪)高校野球 7月28日

2020年7月29日03時00分

 令和2年大阪府高校野球大会(府高野連主催、日本高野連、朝日新聞社など後援)は28日、南港中央球場などで2、3回戦5試合があった。関西創価は九回に勝ち越して大阪産大付に逆転勝ち。みどり清朋も終盤で試合をひっくり返して4回戦へ。牧野は14三振を奪って相手を寄せつけず、初戦を突破した。29日は2、3回戦5試合がある。

     ◇

 4点を追う九回裏2死一、二塁、高津の主将、内貴(ないき)翼君(3年)が打席に立った。「みんなが回してくれた打席。最後にプレーで返さないかん」。狙っていた高めのカーブを思い切り振り抜くと「芯で食った」。だが、高く上がった打球は中堅手のグラブに収まった。

 中学時代は外野手だったが、高校に入ると捕手に転向した。当初は戸惑うことばかりだった。走者を許すと、「ボールを後ろにそらさないように」と焦り、直球ばかりを投手に求めた。

 ただ、声でチームを鼓舞する力は誰にも負けなかった。昨夏もベンチに入り、下級生ながらチームをもり立てた。井村大気監督が「ベンチにいると、どれだけ心強いか」と評するほどの信頼を得て、新チームで主将を任された。

 だが、チームを引っ張る立場になった途端、周りに目を配ろうと気負うようになった。「声も出なくなり、思うような結果も出ず苦しかった」。野球が楽しくなくなった。

 ずっと抱き続けた思いは新型コロナウイルスの影響による約3カ月の休部期間を経て、吹っ切れた。「残された時間はあと少し。任せられる部分はチームメートに任せよう」。気持ちが楽になり、野球を楽しむ余裕ができた。

 この日のみどり清朋戦は七回まで1点を争うシーソーゲームに。チームは八回に3点を失って4点差をつけられたが、九回に1点を返して意地を見せた。

 井村監督は試合後、「九回は内貴の打席まで回そうと一丸となった。ずっと下手だったけれど、今日は3投手をリードし、最後は選手としても頼もしかった」とねぎらった。内貴君は「仲間たちと野球をやってこられて楽しかった。もう一緒にできないのがつらい。みんなにありがとうと言いたい」と涙した。(浅沼愛)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ