スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

熊本)高校野球 7月28日

2020年7月29日03時00分

 2020夏季熊本県高等学校野球大会は28日、熊本市内大会の準々決勝2試合があった。シード校同士の対戦となった第1試合は文徳が九州学院を破って準決勝に進出。第2試合は開新が投手戦を制して4強に名乗りを上げた。

     ◇

 「優勝することが先輩への恩返しだったので申し訳ないです」。九州学院の牛島希(3年)は涙を拭った。

 打撃力と守備範囲の広さを買われ、1年の夏から中堅手を任されてきた。しかし一昨年は1回戦、昨年は決勝で敗退。3年生に甲子園への夢を託された。

 それなのに今夏の甲子園は中止に。落ち込んでいたら、牛島らの携帯電話へメッセージが届いた。ドラフト4位で西武に入団した元主将の川野涼多(19)をはじめ、今春卒業した先輩全員からだった。「人生はまだまだこれからが勝負」「悔いのないように野球をしてほしい」。言葉の数々に奮起し、独自大会での優勝を次の目標に定めた。

 無安打に終わった初戦とはうって変わり、この日は安打や四球で5打席全てで出塁。低めの球は見送り、ストライクゾーンは初球から振り抜くことを徹底した。積極的に打つ姿勢は、先輩たちから学んだものだった。得点圏に進塁して揺さぶりをかけたが、牽制(けんせい)に刺されるなどしてあと一歩及ばなかった。

 文徳の校歌が球場に響く中で、牛島は先発投手の成尾政磯(まさき)(2年)の震える肩を抱いた。「この悔しさを忘れずに、絶対に甲子園に出てくれ」。あの日の先輩の姿に、自分が重なった。(井岡諒)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報