スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

智弁和歌山が初戦突破 エースが最速150キロの好投

2020年7月28日18時23分

 和歌山独自大会で28日、今夏の甲子園交流試合に出場する智弁和歌山が2回戦に登場。南部(みなべ)を5―1で破り、初戦を突破した。エースの小林樹斗(3年)が最速150キロと貫禄の好投をみせた。

 昨春、昨夏と甲子園のマウンドを経験した右腕は、4点リードの九回に登板。最初の打者で「相手はストレートにタイミングが合っていない」と見て、テンポよく右腕を振った。直球だけで13球。2三振を奪って三者凡退に仕留めた。

 ネット裏のプロ球団のスカウトのスピードガンでは自己最速を2キロ更新する150キロを記録したが、「6~7割の力で投げようと思っていました」と小林樹。「今日で150キロが出るならもうちょっと出そうだけど、このくらいがちょうどいいのかも」。右腕が全力で投じる1球を見てみたくなった。(小俣勇貴)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報