スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

兵庫)高校野球 7月26日

2020年7月27日03時00分

 夏季兵庫県高校野球大会(県高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は6日目の26日、6球場で2回戦と3回戦の計10試合があり、雨のため5試合が順延となった。試合途中の雨により、科学技術が8回コールドで敗れ、八回表の時点で同点だった星陵―滝川は再試合となった。大会は8月1日から再開する予定。

 雨脚が強まる七回裏。1点を追う科学技術は、須磨翔風の攻撃を何とかしのぎたい局面だった。相手の先頭打者が放った三ゴロを科学技術の塩川勇毅君(3年)が捕球。だが、送球がそれて一塁を踏まれた。「きちんと踏ん張ってステップを踏めなかった」。この出塁を足がかりに2点を追加され、突き放された。

 昨夏はエースとして登板。しかし、先発で投げた3回戦で三田祥雲館に敗れた。試合後、泣き崩れた塩川君に前主将は「おまえたちには次がある」と声をかけて肩を抱いた。

 新チーム発足直後の課題は内野陣の強化だった。井上和男監督から「三塁を守ってほしい」と言われ、「チームのためになるなら」と転向。エースをチームメートに譲り、抑え投手に回った。今日はベンチから試合を見守った堀文哉主将(3年)も「あいつならピンチをしのいでくれる」と絶大な信頼を寄せた。

 攻撃の八回表が終わるとさらに雨が強くなり、一時中断。そのまま降雨コールドとなり、逆転は果たせなかった。最終回の打順は塩川君からのはずだった。「絶対打ってやろうと思っていたのに……」。悔しさに唇をかみしめた。試合後、「後輩に伝えたいことは」と尋ねると、「この試合みたいに、何が起こるかわからない。この1年で何をやってきたかが大切」という言葉が返ってきた。井上監督は「自信を持ってプレーできるようになった」と塩川君の成長をたたえた。(武田遼、森下友貴)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ