スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

新潟)高校野球 7月26日

2020年7月27日03時00分

 県高野連が主催する県高校夏季野球大会は26日、3回戦4試合があり、16強が出そろった。昨夏の新潟大会優勝の日本文理がコールド勝ち。長岡大手は長岡工との延長タイブレークをサヨナラ勝ちで制した。4回戦は8月1日に県内4球場である。

     ◇

 2―2の同点の五回表、新発田中央の背番号10の1年生投手、山岸閃理(せんり)が村上の3番打者・高橋泰輝(3年)を三ゴロに打ち取り、一、四回に続き三者凡退で終えた。

 ベンチから「閃理が頑張ってくれてるぞ! 俺たちでしっかり点取るぞ!」と大きな声が上がった。

 コロナ禍で入学当初から部活動は休止状態。野球部の練習に参加できるようになったのは、大会開幕のわずか1カ月半前だ。それでも、入部直後の練習試合で強豪校を相手に互角の投球を見せた。高校入学後を見据え、昨冬から硬球を握って練習してきた。

 2回戦の新発田南戦でも、逆転直後の七回から登板し、1点差を守り抜き勝利に貢献した。

 この日は練習試合を含めて高校入学後初めてとなる先発のマウンド。「バックの先輩たちを信じよう」といつも通りの投球を心がけた。直球と変化球を織り交ぜ、的を絞らせなかった。二回に2失点したものの、打たせて取る投球で、五回までは「うまく力を抜いて投げられた」。

 だが、六回は暴投や死球が絡み2失点、この回を投げ終えたところで降板した。「中盤に集中力が切れてしまった。課題です」

 円山(まるやま)宏大監督は「短い準備期間でよくやってくれた」とたたえた。

 試合後「ひとつでも多く勝って、3年生に良い思い出も残してもらいたかった。来年はエースとしてチームに貢献できるようになりたい」と悔しさをにじませた。(谷瞳兒)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ