スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

島根)高校野球 7月26日

2020年7月27日03時00分

 令和2年度島根県高校夏季野球大会(県高校野球連盟・県教育委員会主催、日本高野連・朝日新聞社など後援)は6日目の26日、県立浜山(出雲市)と松江市営の両球場で準々決勝4試合があった。立正大淞南、益田東、開星、三刀屋が勝ち、4強が決まった。甲子園での交流試合に出場する平田は開星に惜敗した。準決勝2試合は8月2日、県立浜山である。

     ◇

 ◎…強打者がそろう開星と甲子園の交流試合に出場する平田の好カード。1点を争う緊迫したゲームは、開星が最終回の本塁打で劇的な勝利を収めた。

 開星は一回、塩見、内藤の連打で好機を作り、敵失の間に1点。わずか3人で先制した。しかし、この回以降、緩急自在の相手先発古川を打ちあぐねる。さらに三回には三番山本、六回には四番神庭が大胆な守備シフトの網にかかり、併殺で好機を生かせない。

 1―1で迎えた九回1死一塁で3打席凡退の神庭に打席が回った。昨秋の県大会で敗れ「絶対に負けられない」という相手。まっすぐ一本に絞り、古川の内角低めの直球を振り抜き、試合を決める左翼への本塁打に。「つなぐ意識が最高の結果になった」

 守りでは、小刻みな継投で平田に連打を許さなかった。先発宮本、岡山倖、若槻、岸田、田中と5人が登板した。

 野々村直通監督は「平田は攻撃ではバントの構えでプレッシャーをかけ、守備ではバッターに応じてシフトを敷いてきた。This is 高校野球。野球ははるかに上だ」と敬意を表した。

 平田は三回、清水がファウルで粘り、8球目を内野安打に。黒田がバスターで右翼線に適時二塁打を放ち同点に。四回と六回にも犠打などで走者を三塁まで進めたが、ともに古川が三振を喫し、勝ち越せなかった。

 植田悟監督は「守備を中心に、自分たちの野球はできた。甲子園では球児の代表としてレベルアップした姿をお見せしたい」と話した。(清水優志)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ