スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大阪)高校野球 7月26日

2020年7月27日03時00分

 令和2年大阪府高校野球大会(府高野連主催、日本高野連、朝日新聞社など後援)は26日、大阪シティ信用金庫スタジアムなどで2、3回戦5試合があった。汎愛は池田を無失点に抑えて4回戦へ。生野と富田林は中盤に逆転して勝ち進んだ。雨で6試合が中止となり、関大北陽―星翔、四條畷―履正社、泉尾工―初芝立命館はノーゲームとなった。27日は2、3回戦5試合があり、以降の日程は改めて発表される。

     ◇

 八回表1死一塁、池田の6番打者、兵頭龍(ひょうどうりゅう)君(3年)に打順が回ってきた。4点リードを許していたが、諦める気はない。「さあ来い」と気合を入れて打席に入った。

 2球目、高めの直球を振り抜いた。だが伸びが足りず、左飛に倒れた。

 中学2年だった2016年の秋季近畿大会府予選、池田は準々決勝まで進んだ。「レベルの高い公立校で野球がしたい」と池田に進学を決めた。

 昨秋スタートした新チームには戦力的に自信を持っていたが、府予選は初戦敗退に。「過信だらけ。自分たちのしたかった野球ができなかった」。最後の夏にかける思いは一層増した。

 「毎日1千回素振りをする」と決めた。チームでの練習だけで足りない分は帰宅後にバットを振り、雨の日も休まなかった。

 コロナ禍で夏の選手権大会、大阪大会が中止になったが、自分の中で目標を切り替え、バットを振り続けた。スイングスピードはみるみる速くなった。伊野功史郎監督(34)は「なりたい姿にまっすぐ向かって努力を惜しまない。そういう選手がいるからこそ、私もがんばれた」とたたえる。

 夏の府大会は、初めて1桁の背番号「8」を託された。初戦の春日丘戦は勝利したものの、ヒットはなしだった。

 「一戦必勝」。先を見すぎず、目の前の試合に集中しようと臨んだこの日の汎愛戦。二回表には、待望の右前安打を放った。しかし得点にはつながらず、チームも無得点で敗れた。

 兵頭君は「自分の本来のスイングができたのはよかった。でも勝っていない。それが一番悔しい」と肩を落とした。

 ただ、この2年半で得たものは大きかった。「勝負することの楽しさ、あえて厳しい所に飛び出し挑戦する姿勢を学べた」。そしてこう続けた。

 「野球は絶対に続ける。大学では4番打者になります」(浅沼愛)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ