スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

和歌山)高校野球 7月26日

2020年7月27日03時00分

 「2020 夏 高校野球和歌山大会」(県高野連主催、日本高野連、朝日新聞社後援)は26日、2回戦の1試合、紀北農芸―田辺があった。紀北農芸は八回に1点差に迫ったが、雨が強まり、降雨コールドとなった。残り2試合は27日に雨天順延となった。日程は1日ずつ後ろにずれ、休養日は8月3日から4日に変更。準決勝は5日、決勝が6日の予定。

     ◇

 選手11人、うち3年生1人で臨んだ紀北農芸。初戦を前に、唯一の3年生、主将の中山陸斗君を除く選手たちはLINE(ライン)で連絡を取り合い、こう誓った。「陸斗君にとって最後の大会。みんなで勝たそう」

 中堅手で5番打者、有田醒司君(1年)は、中山君のことを「一言で言うと優しい先輩。入部当時は怖いイメージがあったが、ミスしたときには優しく声をかけてくれた」と話した。人数が少ないこともあって学年の壁がなく、先輩のことも下の名前で呼んでいる。

 試合では、伝統校・田辺を相手に初回、中山君が躍動した。第1打席で二塁打を打つと、投げては2三振などで相手を三者凡退に切って取った。脇田純平監督は「中山の最後にかける思いがプレーから伝わってきた」。

 しかし、その後、暴投や失策も絡み、田辺がじりじりと得点を重ね、六回には0―6に。あと1失点でコールド負けまで追い込まれた。だが、脇田監督は、「誰ひとり諦めていなかった」。八回表、相手の先発、代わった2番手がともに制球に苦しみ、3四球で1死満塁とすると、適時打や押し出し四球などで3点を奪った。

 なおも2死二、三塁で、打席には有田君。初球を空振り、3球ボール後の5球目。無我夢中でバットを振り抜くと、打球は三塁線を抜き、四球で出塁していた中山君を含む2人が生還。5点目のホームを踏んだ中山君は、満面の笑みを浮かべた。

 流れが紀北農芸へ傾きかけたかに見えたが、雨が強まり、1時間余りの中断後、8回降雨コールド。試合後、選手たちの表情は硬かった。だが、中山君は「残念だけど、今までで一番良い試合ができた。後輩たちには、この悔しさを来年に生かし、勝ってほしい」とエールを送った。有田君は「陸斗君の分まで、来年がんばりたい」と意気込んだ。(滝沢貴大)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報