スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大分)高校野球 7月25日

2020年7月26日03時00分

 2020大分県高校野球大会は25日、別大興産スタジアムで3回戦3試合があり、大分工、大分舞鶴、日本文理大付がそれぞれ8強に進出した。26日は3回戦の残り3試合があり、8強がでそろう予定だ。

     ◇

 「ショーヘイ、いけー!」。六回表、佐伯豊南の攻撃で染矢昭平君(3年)が打席に立つと、マネジャーで双子の妹、志乃さん(3年)の声がスタンドに響いた。2死二塁。「打撃センスは、まあまあいい」と志乃さんは期待したが、力んで空振り三振に。

 野球をしていた父智也さん(46)や兄2人の影響で、昭平君と志乃さんも小中学生の時は一緒にプレー。2歳上の兄の龍之介さんを追って佐伯豊南に進んだ。志乃さんは男子との体力差を感じ、高校では別の競技を考えたが、部を見学してマネジャーになった。

 初戦の2回戦。チームは九回裏に5点差をひっくり返した。「絶対に流れをつくる」と先頭の打席に立った昭平君が左前安打で口火を切り、最後はサヨナラ満塁本塁打。「何があるか分からないと改めて学んだ」と昭平君。この日も初回の大量失点にひるまず食らいついたが、及ばなかった。

 少し赤い目で「もっと試合を見たかった」と志乃さん。昭平君は「これから就職をめざすけど、社会人になってもまだまだ野球がしたいです」と話した。(寿柳聡)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ