スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

島根)高校野球 7月25日

2020年7月26日03時00分

 令和2年度島根県高校夏季野球大会(県高校野球連盟・県教育委員会主催、日本高野連・朝日新聞社など後援)は5日目の25日、県立浜山(出雲市)と松江市営の両球場で3回戦4試合があり、矢上と益田東、立正大淞南、石見智翠館が勝ち、8強が出そろった。26日は両球場で準々決勝4試合がある。

     ◇

 一回裏無死一塁、出雲のエース左腕・高木悠君(3年)がインコースに投じた直球は、快音とともに左翼スタンドに吸い込まれた。「自信のあった球を本塁打にされた。でも、ここから抑えてやる」

 制球力と度胸を武器に、1年夏からベンチ入り。2年から「絶対的エース」としてチームを背負ってきた。昨夏の島根大会2回戦では、松江北との延長13回にもつれ込む激闘を1人で投げきった。

 保護者や卒業生の熱のこもった応援で知られる出雲。今夏は原則無観客で、「心の奥から力がみなぎる」というスタンドの声援はなかったが、バックを守る仲間やベンチの声がいつもよりよく聞こえたという。二塁手の青木幹太主将(3年)はピンチのたび、「お前しかおらん」と鼓舞した。チームの声を力に、高木君は強打者にも真っ向勝負を挑んだ。

 「調子は悪くなかった」というこの日は、逆方向への強い打球を意識した立正大淞南打線につかまり、コールド負け。高木君は「敗戦は仲間と全力でぶつかった結果。3年とも私立の強豪と戦え、悔いはない」と満足感をにじませ球場を後にした。(清水優志)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ