スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

石川)高校野球 7月23日

2020年7月24日03時00分

 石川県高校野球大会(県高野連主催、朝日新聞社など後援)は23日、県大会が始まった。地区予選を勝ち抜いたチームに昨秋の県大会8強校などが加わり、頂点を争う。この日は、星稜や日本航空石川が登場したほか、無安打無得点試合の記録達成も飛び出した。

     ◇

 5点リードされた七回裏、三塁手として先発した大聖寺の主将、河村幸造(3年)は、4人目の投手としてマウンドに立った。相手は強打を誇る星稜打線。「ワクワクしていた」。これから打席に立つ選手の多くが、かつて共に野球をした仲間だったからだ。

 金沢市の星稜中学出身。「高いレベルで野球がしたい」と、地元・加賀市内の学校には進まず、自転車と電車で片道約1時間半かけて通った。野球部の同期には、この日場外本塁打を放った星稜の内山壮真(同)や知田爽汰(同)らがいた。

 ただ、激しい競争の中でベンチ入りはできず、打撃投手にとどまった。「試合に出たいという気持ちが強くなった」。高校は地元の大聖寺を選んだ。

 最初の相手、4番内山には「力んでしまった」と四球だったが、その後は変化球も織り交ぜながら、低めに直球を集めていく投球で、5番の知田は一ゴロで抑えた。「今日はイケてる」と手応えを感じた。

 八回には代打の笠井昴己(同)と目が合い、笑みがこぼれた。ファウルなどで粘られたが、最後は空振り三振に。「外角の厳しいコースを攻めてきた。すごい成長したな」と笠井は驚いた。

 試合後、「今日は楽しもうと思っていた。星稜と九回まで野球ができ、喜びを感じています」。打者7人に被安打1、失点1。反省はあるが、強豪相手に堂々の投球を見せた。耳なじみのある校歌を聞き、グラウンドを去った。=敬称略(三井新)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報