スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

新潟)高校野球 7月23日

2020年7月24日03時00分

 県高野連主催の県高校夏季野球大会は23日、2回戦16試合があった。昨秋の県大会4位のシード校の巻が五泉に敗れた。新潟青陵は羽茂にサヨナラ勝ち。新潟は佐渡との延長タイブレークを制した。24日は残る2回戦8試合と3回戦4試合が6球場である。

     ◇

 三回裏二死走者なし。加茂農林の1番打者・大野侑(あつむ)(2年)が内角直球を振り抜き、左前へ安打を放つ。狙い通りだった。左足を引きずりながらも一塁にたどり着くと「よっしゃあ!」と雄たけびを上げた。この日のチーム唯一のヒットだった。

 初回、左足首に死球を受けた。うずくまるほどの痛みだった。守備ではチームの要の捕手。腰を下ろしミットを構えると、呼吸をするだけで足首に痛みが走った。チームは10人しかいない。「誰かに代わってもらうつもりはなかった」。痛みをこらえ出場を続けた。

 部員9人で臨んだ昨秋の県大会支部予選。試合前のシートノックでけが人が出て不戦敗に。連合チームで出場した本大会は初戦敗退。このときの悔しさを胸に冬の練習に励んだ。

 強い打球を打てるように食事の量を増やし、ウェートトレーニングに取り組んだ結果、体重は7~8キロ増えた。全体練習が終わった後は、居残り練習を自らに課し、球が見えなくなるまでバットを振った。バウンドした投球を後ろにそらさないよう「ブロッキング」する練習も繰り返した。

 コロナ禍による休校期間中は、学校や河川敷に自主的に集まり、仲間と一緒にバットを振った。

 豊嶋大生監督は「プレーの面でも、声の面でも、彼がいないとチームは成り立たない」と必要不可欠な選手だと認める。

 この日は、捕手の手前でバウンドした球を何度も体で受け止めてそらさなかった。試合終了後「少しでも長く3年生と野球がしたかった」と涙を流したが、「やってきたことは出せた。来年ハードオフ(・エコスタジアム新潟)に行くことを目標に頑張りたい」と前を向いた。(谷瞳兒)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ