スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

和歌山)高校野球 7月23日

2020年7月24日03時00分

 「2020 夏 高校野球和歌山大会」(県高野連主催、日本高野連、朝日新聞社後援)は23日、1回戦1試合と2回戦2試合があった。海南―粉河はシーソーゲームに。昨夏の選手権和歌山大会準優勝の那賀は初芝橋本に乱打戦の末敗れ、初戦で姿を消した。

     ◇

 八回裏、1死二、三塁で県和歌山の4番・九鬼汰樹(たいき)君(3年)が打席へ向かった。県和歌山はここまで、再三好機を作るも、あと一本が出ず無得点。九鬼君自身、初回2死二塁で緩い変化球にタイミングが合わず、空振り三振を喫していた。ただ、その後、2安打と調子は悪くなかった。

 この回、打席に入る前、石戸辰弥監督から「点差も開いている。振り切れ」と声をかけられた。2―2となり、5球目。直球に狙いを絞った。ここで相手投手が投じたのは初回と同じ緩い変化球だった。タイミングをずらされたが、必死にバットを振り抜くと、打球は左翼線へ。適時打となり、2人がかえった。

 九鬼君が4番に固定されたのは休校明けから。昨年、新チームになった当初は4番に座ったが、ミート力に課題があり下位へ降格していた。九鬼君は冬場、2キロ近くある鉄バットを振って長打力を磨いた。休校期間中も毎日欠かさず素振りをし、時には同校野球部の先輩でもある父親と2人でノックやティーバッティングをした。石戸監督は再び4番に据えた理由について「朝から夜まで人一倍努力していた。こういう選手は一発勝負で結果が出ると思った」と話す。

 同校は2006年を最後に夏の大会で初戦を突破できていない。この試合、相手と同じ10安打を放つも、今年も初戦の壁は高かった。

 九鬼君は卒業後は就職し、野球から離れる。だが、「練習をやりきったし、悔いはない。今日は1年生投手の好投もあった。後輩たちには来年こそ1回戦を突破してほしい」と試合後、明るい表情で話した。(滝沢貴大)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ