スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大分)高校野球 7月23日

2020年7月24日03時00分

 2020県高校野球大会は23日の第1試合で2回戦を終了。大会開催の大きな意義だった「練習の成果を披露する公式戦」を、参加43校すべてが経験した。第2試合は明豊が快勝。第3試合では佐伯鶴城が接戦をものにし、ともに8強入りを果たした。

     ◇

 六回表、守りについた玖珠美山は先頭打者に四球を与え、守りのミスもあり1死二塁のピンチを迎えた。九番打者の当たりは中堅へ。捕球した川崎彪汰君(2年)が二塁に鋭く送球し、二塁走者を封殺。危機を切り抜けた。

 「雄太さんが、こい! こい!と声をかけてくれたのですぐ投げた」と川崎君。二塁手の日野雄太主将(3年)は「球があがった瞬間、走者が塁からけっこう離れているのが見え、肩が強くて正確な川崎ならアウトにできると思った。(送球は)構えた場所にドンピシャでした」。

 3年生と一緒に野球をする時間が、新型コロナウイルスの影響で失われた。「悲しかった」と川崎君。四回の好機では「絶対に打って3年生とまだ野球したい」と思いながら打席に立ち、1点差に追い上げる2点適時二塁打を放っていた。

 玖珠美山はこの試合、外野陣を深い守備位置につけ、フライは確実にアウトにする作戦で、簡単には流れを渡さなかった。相手監督も「いいポジショニングをしていて、あと1点とれば楽になる場面でしぶとく守られた」と評価した。

 川崎君は、「右翼手の中川(翔=3年)さんと声をかけあいながら守備をするのが楽しかった。来年は一つでも多く勝ち進む姿を先輩たちに見てもらいたい」と話した。(寿柳聡)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ