スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

島根)高校野球 7月23日

2020年7月24日03時00分

 令和2年度島根県高校夏季野球大会(県高校野球連盟・県教育委員会主催、日本高野連・朝日新聞社など後援)は4日目の23日、県立浜山(出雲市)と松江市営の両球場で3回戦4試合があり、開星と三刀屋、平田、安来が8強入りした。24日は3回戦の残り4試合がある。

     ◇

 11点差を追う四回裏、無死一塁で江津工のエース島根優勝(まさかつ)君(3年)に打席が回った。「最後まで諦めない」。2球目の外角低めのボール球に思わず手が出たが、一塁へ全力疾走。詰まった打球が三塁手のエラーを誘い、好機を広げた。

 「すぐに覚えてもらえる」という名前は、父・博さん(50)が「優しく、勝負事に強い子に育って欲しい」と願って付けた。今大会初戦、夏の大会としては2006年以来の勝利を挙げた一人息子の姿に、「いつも心配しながら見ているが、本当にうれしかった」とほおを緩める。

 この日は甲子園での交流試合への出場を決めている平田との一戦。「勝ったら新聞で取り上げられる」と意気込んだが、制球がきかず、ストライクを取りにいった球を痛打される苦しい投球が続いた。五回に1年生にマウンドを譲り、2―15で悔しい五回コールド負け。「最後は泣かずに終わりたい」と必死で涙をこらえた。

 3年生は2人、2年生が4人と部員不足に悩んだが、春に1年生7人が部に加わった。「僕たちの分も、ぜひとも甲子園に行って欲しい」と島根君。「優勝」の夢は後輩に託した。(清水優志)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ