スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

青森)高校野球 7月21日

2020年7月22日03時00分

 夏季青森県高校野球大会(県高校野球連盟主催、日本高校野球連盟、朝日新聞社など後援)は21日、4球場で3回戦8試合があり、8強が出そろった。準々決勝は23、24日に行われる予定で、23日は弘前工と弘前東(10時)、八戸学院光星と八戸工大一(13時)がダイシンベースボールスタジアムでそれぞれ対戦する。

     ◇

 六回表1死二、三塁、5点を追いかける青森商は、8番打者がスクイズを試みたがファウルになり1ストライク。ここで、秋田幸生監督が動く。主将の安田樹(3年)を代打に送った。「びっくりした」と安田。「でも練習してきたことをやるだけ」

 再びスクイズのサインが出たが、ファウルで2ストライク。「とにかく振るしかない」。追い込まれても、気持ちは冷静だった。

 フルカウントまで粘り、内角の直球をたたいた。つまった打球がショート前に転がる。自身は一塁でアウトになったが、三塁走者が生還した。秋田監督は「キャプテンの意地にかけた。しっかり仕事をしてくれた」とたたえた。

 安田は八回表にも2死二塁からライト前に適時打を放ち、3点差に迫ったが、反撃もそこまでだった。七回からマウンドに上がっていた安田は八回裏に本塁打などで2点を失い、力尽きた。

 最後の打者が内野ゴロに倒れると、「頭が真っ白になった」。昨年の青森大会ではベスト4入りした青森商だが、今大会は3回戦での敗退。「グラウンドを出て、ああ終わったんだなって」。涙が止まらなかった。(藤谷和広)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ