スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大分)高校野球 7月20日

2020年7月21日03時00分

 2020大分県高校野球大会は20日、2回戦3試合があった。佐伯豊南は別府鶴見丘にサヨナラ満塁本塁打で逆転勝ち。大分商は日本文理大付に完封負けした。21日も3試合が予定されている。

     ◇

 「一井、行くぞ」。別府鶴見丘・三重野和人監督から指示が飛んだ。九回裏、1点奪われなお無死満塁。レフトを守っていた一井倫太朗君(3年)は肩を回し、気合を入れた。試合中に投球練習をしていない。それでも動揺はなかった。

 最初の打者は力のこもった投球で三振に。遊撃手の佐藤大輔主将(3年)から1球ごとに声が飛ぶ。「お前ならいけるけん」

 だが、続く打者に死球。さらに適時打を浴びて2点差。なお満塁で長沢典明君(3年)を迎えた。4球目、直球が内角に甘く入った。打球は放物線を描き、左翼席にぽとりと落ちた。「これで終わり?」。一井君はぼうぜんと打球を眺めるしかなかった。

 「もうみんなと練習ができないんだな」。じわじわと悔しさがこみ上げた。試合を振り返り、「一生懸命やってきたからこそ、点を取られても取り返せた。最後に自分たちらしい野球ができました」。こぼれた涙をぬぐった。(川辺真改)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ