スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

和歌山)高校野球 7月19日

2020年7月20日03時00分

 青空が広がった19日、「2020 夏 高校野球和歌山大会」(県高野連主催、日本高野連、朝日新聞社後援)は、1回戦3試合があった。第1試合は1点差の投手戦に。第3試合では大会第1号となるランニングホームランが飛び出した。多くの高校で期末試験がある20日から22日の試合はなく、次は23日の予定。

     ◇

 大会第1号は、3年生が見せた意地のランニングホームランだった。

 0―11で迎えた七回裏、紀北工の攻撃。2死走者なしで、コールド負けまであと1人の場面で打席に立ったのは、辰宥樹(たつゆうき)君(3年)。辰君はこの日ベンチスタート。出番が来るのを信じ、声でチームメートを鼓舞し続けた。

 七回途中、中堅の守備に就き、迎えたこの試合の初打席。「これで終わりじゃないと思っていた。打ってメンバーに勢いをつけたろうと思った」。2球ボールを見送って3球目。「狙っていた」という直球を振り抜くと打球は右中間を深々と破った。ヘルメットを飛ばし、チーム一の快足を飛ばしてダイヤモンドを駆け抜け、頭からホームへ滑り込んだ。

 三塁コーチを務めたのは辰君の朝練仲間、永岡高主将(3年)。外野からの中継が乱れたのを見て、必死で腕を回した。「辰の足を信じた。辰はチーム一番の努力家。なかなか結果が出ていなかったが、努力はうそをつかないと証明してくれた」と笑顔を見せた。

 試合後、辰君の母、恵理子さん(51)は「最後の最後の最後でいいところを見せてもらった。ヒットでもよかったのに、本塁まで駆け抜けてくれるとは」とうれし涙を流した。控えに回ることが多い中、コロナ禍でも近くの公園で一人、自主練習に励んでいたという。谷本憲司監督は「後輩たちに意地を見せてくれた。来年につながる1点になった」と話していた。

 辰君は試合後、「どれだけ打っても負けるのは悔しい。勝って今のメンバーと次の試合もしたかった」と悔しさも見せたが、笑顔でこう話した。「チームメート全員からナイスバッティングと声をかけられ、今までの努力が報われたと思いました」(滝沢貴大)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報