スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大阪)高校野球 7月18日

2020年7月19日03時00分

 第102回全国高校野球選手権大会と大阪大会の中止を受けて府高校野球連盟が独自に開く、令和2年府高校野球大会(日本高野連、朝日新聞社など後援)が18日開幕し、大阪シティ信用金庫スタジアムなどで1回戦9試合があった。昨夏8強の桜宮は、大阪電通大を中盤に突き放してコールド勝ち。都島工は枚方なぎさとの接戦を制し、初戦を突破した。19日は1回戦18試合がある。

     ◇

 0―4で迎えた三回表の佐野の守り。2死満塁のピンチでエース岡本浩輝(ひろき)君(3年)は考えた。「相手バッターは、前の打席で振り遅れていたはず」。内角に一番自信のある直球を投げ込んだ。だが狙いははずれ、外角へそれた。

 「打たれる」と思った瞬間、相手のバットは空を切った。三振でピンチを切り抜けた。

 2年生ながら背番号8で迎えた昨年の夏。控え投手として途中登板の可能性を告げられていた岡本君は、ベンチで出場機会をうかがっていた。だが、エースが力投を続けたため最後まで登板はなく、チームも初戦で敗れた。

 悔しさをばねに、練習を続け、今年のチームでは投打の中心的存在に成長した。コロナ禍で2月末から休部になっても、家の近くで素振りを続け、チームメートとキャッチボールやノックを続けてきた。「春はできなくても、きっと夏がある」。最後まで、決して諦めることはなかった。

 「思い切り投げる」と意気込んで迎えたこの日の大商大戦だったが、冒頭から連続四球を与えるなど制球に苦しみ、初回に3失点。「調子は普通だったはずなのに、球が乱れてしまった」。

 当初からの継投策で3回を投げてマウンドを降りたが、後続投手が四回表にさらに3点を奪われると、岡本君に再び出番が来た。

 「ここで抑えないと」。だが相手打線の勢いが上回った。連打を浴びて10点差に。味方打線も不発で、5回コールドが決まった。

 自慢のバッティングも鳴りを潜め、2打席無安打に。それでも、「やってきたことは思い切りぶつけられた」と岡本君は晴れやかな表情で語った。

 武本大器(たいき)監督(27)は「去年の夏の悔しい思いをもち、ここで投げきってくれた。投打の中心選手としてチームをここまで引っ張ってくれた」とたたえた。(浅沼愛)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ