スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

石川)高校野球 7月18日

2020年7月19日03時00分

 石川県高校野球大会(県高野連主催、朝日新聞社など後援)は18日、地区予選6試合があった。雨上がりのグラウンドで白球を追う球児たち。大差の試合もある中、この日は1点を争う白熱した投手戦も繰り広げられた。

     ◇

 同点で迎えた七回表、1死二塁。打席に立ったのは、三回に適時打を放った七尾の2番打者、大橋広太郎(2年)だった。「一本打って、ランナーを返す」

 試合は息詰まる投手戦。門前のエース端翔太(3年)は、持ち味の直球に変化球を織り交ぜながら、七尾打線から毎回三振を奪っていた。「相手にはいい投手がいる。1点差になる」。そう考えた監督の笠原孝祐(29)は、端を打ち崩すための打順を組み、各選手に打てる球を見極めるよう指示していた。

 大橋にとってその球は3球目に来た。「甘く入ってしまった」。端が試合後にそう振り返った直球を、見逃さずに振り抜いた。

 「2年生ながら、中心選手の自覚がある。頼りになるいいバッターです」。笠原はそう評価する。新型コロナウイルスの影響で学校が休校になり、夏の甲子園中止が決まっても、「夏の大会はある」と信じてコツコツと自宅で素振りを続けた。成果はこの日、出た。

 打球は左前に飛んだ。二塁走者が三塁に進んだ。プレーはそこで止まるかと思われたが、左翼手が本塁に投げた球は捕手の頭上を越えた。その隙に走者が生還。決勝点になった。「先輩が次も戦えるチャンスを作ることができた」

 父の勧めで小学4年の時に野球を始めたが、意外にも「試合を決めるヒットはこれが初めて」という。今大会、球場で観戦できるのは部員を除き、3年生の保護者のみ。帰宅したら、この日の活躍を真っ先に父に報告するつもりだ。=敬称略(三井新)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報