スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

兵庫)高校野球 7月18日

2020年7月19日03時00分

 夏季兵庫県高校野球大会(県高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)が18日に開幕した。9球場で1回戦と2回戦の計18試合が行われ、鳴尾浜臨海では、2試合とも延長タイブレークになるなど、初日から白熱した試合が繰り広げられた。昨年の全国高校野球選手権兵庫大会準優勝の神戸国際大付などが勝ち進んだ。

     ◇

 須磨友が丘の攻撃時、ベンチ横で小さく拍手をするボール係がいた。割鞘(わりざや)世奈さん(3年)。須磨友が丘の野球部員として、男子と同じ練習をしてきたが、規定でベンチ入りはできなかった。

 野球好きの父や兄の影響で小学生で野球を始めた。中学でも野球部で男子と一緒に白球を追ってきた。

 高校生になると、学外の女子野球チームでプレーしながら、須磨友が丘の野球部にも所属。男子と同じメニューで練習し、朝練ではいつも一番乗りでバットを振ってきた。小川良樹主将(3年)は「本当に野球がうまい。彼女がいるから自分たちも、もっと頑張ろうと思えた」と話す。

 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で、夏の選手権大会だけでなく、7~8月に丹波市で開かれる全国高校女子硬式野球選手権大会も中止になった。

 県高校野球連盟の規定でベンチ入りできる女子部員は記録員だけ。せめて独自大会ではみんなと一緒にベンチに入りたい、と県高野連に手紙を書いた。「試合に出たいわけではありません。家族よりも多くの時間を過ごした仲間たちとどうか同じグラウンドで戦うことはできないでしょうか」

 規定は変わらなかったが、ボール係としてベンチの横に座った割鞘さんは「最後に仲間と一緒に戦った気持ちになれました」と話した。捕手の老松璃久君(3年)は「割鞘が近くにいてくれて、大きな力になりました」。(森下友貴)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ